:ケアマネ

プロフィール

tantan

  • Author:tantan
  • 介護保険見直しも行われ、現場の動きはいかがでしょうか?
    新予防給付、地域包括支援センターなど、ますます、自立支援、介護予防を目指したケアプランがもとめられています。
    激動の介護業界の中で、
    ケアマネ
    の果たすべき役割について、考えてゆきたいです。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケアマネ

JR事故

とても痛ましい事故で、被害にあった方々を始め、心からお見舞い申し上げます。
個人的には今のご時世、バブルの反動で過度なリストラにより、業績、効率優先の会社運営の付けがこのような形の歪みとして表出してる様な気がします。
またこの様な惨事の起きないように祈るばかりです。
スポンサーサイト
ケアマネ

モチベーションを高めよう

明日はカンファレンス。訪看さん、ヘルパーさんいつもありがとうございます。
いつも限度ギリギリ活動も時間いっぱいで活動して頂いていますが、それをもういっぱいいっぱいで大変ととるか、もっと自立してもらうためと考えるかで、活動の質は違ってきます。
ケアマネとしては、ポジティブプランのように自立を進める事ができるよう、サービス事業者さんのモチベーションを高められるようなプランを作ってゆきたいです。 ケアマネ

忘れがち

サービス導入などついこちらの都合、事業者側の考えを押し付けてしまいそうになりがちだけど、良く考えると、苦情やトラブルが起きるときはそんなことが特に多くある。
共感的理解は事業者側に立ってしまってはできるはずもなく、ニーズすら見つける事が出来なくなってしまう。
ありのままの利用者を受け入れ共に解決法を考えてゆく姿勢が信頼関係をより高め、自立を高めるのだと思います。
ケアマネ

凹んでます

言うべきか、黙っているか迷って勇気を出して話してはみたものの、結局は何も聞き入れてもらえず、今までの自信を一気に失ってしまいます。
結局は井の中の蛙、御山の大将だったということでしょうか?
不思議と、迷わずに決断したことはあまり後悔も引きずらないのですが、後悔しない為、自分の意見を述べた方がいいのか迷う場合は余計に、落ち込んでしまいます。
疲れた時は、気持ちも元気なく、自信もないと、失敗しやすいものなのですね。 ケアマネ

家事代行

ヘルパーが家事を行う場合、家族が同居では介護保険が給付されないとのこと。
やはり介護のプロであるから介護していただかなければ!
それで自立をしてもらうように、取り組む事が必要です。
ケアマネ

認知症悪化の素

問題行動、精神的不安定をもたらすものとして一番取り除かなければならないのが、不安とストレスです。
安心して穏やかに過ごせれば、不適応なんて起こすわけがないのです。
ケアマネ

微妙なバランス

つい感情移入し過ぎ、のめり込みそうになりがちです。
共感しながらも感情という土俵の上に引き上げられるとこちらの意図する面接が困難になってしまいます。
適度に距離を保ちながら、進めて行く必要性を感じます。
本人を認め、共感しながら、距離、関係を保つということに心がけなければなりません。
ケアマネ

ニーズを狙い撃ち

課題、ニーズをしっかり捉えたサービス提供をしなければ、課題は解決されない。
課題解決を目指さないサービス提供は無駄なサービス増大、無駄が多いとトラブルの元になります。
こういうことから適正化と言う意味は、効果的なサービス提供と、在宅生活の維持を可能にします。
もっと、ケアマネジメントの質を向上させ、在宅での自立生活を出来るだけ長く送って欲しいものです。 ケアマネ

感謝します

朝から落ち込んでいたところに仲間がいて支えてくれることで、また前向きになれる。
思う以上にもろい自分。
でもいい所もあるよと認めてくれることでまた自分が生き返る感じがしました。
世の中には人に力を与える事が出来る人と、そうでない、他者を傷付けても気付かない人がいるのかも知れません。
良くも悪くもいろんな人それぞれ個性があって世の中なり立っていると思えば少しは気楽に思えるようになりました。
ケアマネ

マネーマネジャー

請求事務真っ最中。保険請求の実績確認をしていると、介護とお金がどう関係しているのか分からなくなってしまいます。
良いケアにはお金が掛かる。自立支援にもお金が掛かる。
しかし、ケアにお金をかけたくなければ自立も出来ない。
自立できないケアは提供できない。
最期にはやっぱりお金? ケアマネ

空気みたいに

きっとみんな同じ様な事言ってるような、使い古された言葉かもしれないけど、利用者にとって空気のような存在になれたらと。
「私があなたの生活を全て取り仕切ってるのよ」なんてあまり出しゃばっているのも嫌だし、かと言ってあまり当てにされないのも寂しいし、なんてわがままな考えなのか!
空気って在るか無いかは意識しないと割と気付かず、でも無いと生きていけないし、ようは自然に呼吸するように自然に傍らにいられる存在であり続けたい。
ケアマネ

敵の敵は味方!

他者に対して攻撃的になったり拒否的になる人もいます。
しかし、こちらはプロです。生活上の解決すべき課題があるとならば、問題を明らかにし、自身で解決できるよう支援してゆきたいものです。
ケアマネ

 | BLOG TOP |