:ケアマネ

プロフィール

tantan

  • Author:tantan
  • 介護保険見直しも行われ、現場の動きはいかがでしょうか?
    新予防給付、地域包括支援センターなど、ますます、自立支援、介護予防を目指したケアプランがもとめられています。
    激動の介護業界の中で、
    ケアマネ
    の果たすべき役割について、考えてゆきたいです。

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケアマネ

晴れて主任ケアマネ?

すっかり残務整理を口実に(普段から遅滞なく業務をこなせというツッコミは勘弁…)、ご無沙汰していたのですが、この4月から、ついに、今をときめく、包括支援センター勤務になりました。
法改正以後、時の流れに乗り遅れ、しかし、職人魂を発揮できるわけでもなく、流れ流されて来たのですが、もう、言い訳も通じません。(綾小路きみまろ風)

やらなければいけないのです!

包括って、行政の委託事業なので、より自己判断の裁量も狭まるんじゃないかと、勝手に思ってますが、新たに学んでいきたいものです。

今後もご指導ご鞭撻をよろしくお願いします。 ケアマネ

善か悪か?

一番悩むのが、

「出来ません」

って断ることです。

在宅生活を支えるため、「何でも言って下さい。」って、大風呂敷を広げておきながら、断らなければならないのは、非常に心苦しいです。
何より、本人、家族の期待に応えられない、不甲斐なさに、愕然としてしまいます。

じゃあ、そのほかに、解決可能な方法は無いのか、他の代替えサービスは無いのか、再検討させてもらうのも、こういった理由からかも知れません。 ケアマネ

少子化

訪問した時、家族の方の意見。
今の、就職は厳しい。ニート、フリーターと言われるけど、実際は、就職先がないことが実態でしょう。
若者の定職、正規職員としての採用が少ないし、その事は、給料も少なくない訳だから、少子高齢化といわれるけれど、生活が苦しいから、子供も作れないんだよと…
企業、社会が現在の風潮を善しとして、稼ぐことの出来る人がより収入を得て、そうでない人がピラミット構造をなす社会となっている象徴なのかもしれません。
きっと、どんどん吸い上げられるばかりなのでしょうかね? ケアマネ

いわゆる傾聴

月1訪問、電話、そして担当者会議など利用者さんやそのご家族と接する機会は沢山あります。
面接技術として、傾聴と言われますが、日常会話や雑談がつい多くなりがちで、プロの面接技術とは程遠い…自己反省。
が、この傾聴は効果あります。
まず、話を聞く事で、「あッこの人は自分の話を聞いてくれる。って言うことは、きちんと自分の事認めてくれてる!」と言う、信頼感の獲得。
もっと期待できるのが、「話しを聞いてくれたんだから、あなたの話も聞かなきゃね。」って無意識下に訴えかける効果に期待が持てます。
面接技術と言うより、いかに自立した生活に向けて、納得してもらえるかが、勝負の分かれ目!
ほとんど営業と変わりなく感じますが、顧客意識をしっかりつかんで、満足してもらうって言うのも、大事なことと思います。
介護の専門を深めるばかりではなく、広い視野も求められる、難しい仕事と認識しております。 ケアマネ

ケアマネ更新研修

いよいよ我が地域でも更新研修が始まりました。
さすがに朝から晩まで缶詰とはこの事で、閉じこもりってこんなに辛いものだったのですね…
外の空気を吸って、気分転換っていかに大切なものかって実感させるための研修だったのかもなんて。
また、心機一転、日頃の業務に活かしてゆきたいものです。
普段はあまり会う機会の無い同業者の方と交流したりと、考えさせられるきっかけにもなりました。
引きこもりの方がいましたら、よろしければ外に出てみませんか? ケアマネ

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»